キャンセルや契約を解約する際の注意事項

 

 

キャンセルや契約を解約する際の注意事項

痩身エステを予約したけれど、
急用で行けなくなってしまった場合は、
速やかにサロンに予約キャンセルの連絡を入れましょう。

 

時間や部屋、担当エステティシャンを確保しているので、
予約日の直前だとキャンセル料が発生するサロンもあります。
契約時にキャンセル料の有無をしっかりと確認しておきましょう。

 

 

 

また、転勤や引っ越しなどの自己都合で通い続けられない場合や、
カウンセリング時に説明を受けた内容と大幅に違うなど、やむを得ず解約をしなくてはならない場合があります。痩身エステは高額な契約のケースが多いので、この場合の対処方法についてもしっかりと学んでおきましょう。

 

まず、契約を開始する際に必ず契約書の内容を確認することはとても重要です。
途中で解約する場合の文言が記載されていない場合は、必ずサロン側に確認してください。

 

 

 

次に、法律上中途解約ができるケースについてです。
エステにおいては「契約金額(入会金などを含む)が5万円以上」並びに
「契約期間が1ヶ月以上」の両方を満たしている場合に中途解約ができるとされています。

 

解約手続きについてサロン側に相談しても折り合いがつかない場合は
消費者センターからアドバイスをもらうこともできますので覚えておきましょう。

 

カウンセリング時と施術内容や効果が大幅に異なるという場合は、
すぐに解約という手段を選ばす、まずはサロンへ相談を行ってください。
それでも契約続行が難しい場合に解約という手順へ進みましょう。

 

いずれにしても、契約時の内容確認が大切になります。
契約書が長文であるからと疎かにせず、しっかりと読むことが後のトラブルを未然に防げる方法です。