医療痩身と痩身サロンの違い

期間とエステサロンのどちらに行けば良いか迷う方もいると思います。
ここでは、医療機関とエステサロンの違いについて説明します。

 

 

医療痩身と痩身サロンの違い

まず、エステサロンで行う痩身は民間の資格を持っているエステシシャンによる施術です。
施術内容はオイルによるハンドマッサージや専用機器による引き締めや老廃物の除去などで、
実際に脂肪を吸引することはありません。しかし、得られる効果は痩身だけではなく、基礎代謝をあげるなど体質の改善も期待できます。
また、サロンでの施術はリラクゼーション効果も期待でき、空間も良いところが多く、気軽に通うことができます。
施術とリラクゼーションの両方を求める方はエステサロンでも痩身がお勧めです。

 

一方、医療機関では国家資格である医師免許のある医師が施術を行います。
カウンセリングから施術まで全て医師が行い、注射やメスを使用することができます。
そのため、施術内容としては脂肪吸引や脂肪細胞数を減らす注射を打つといったものがあります。
また、医薬品の取り扱いが可能なため、市販では売っていないダイエット薬を処方箋として出すことができます。
医療機関によっては、管理栄養士がいるところもあり、食生活指導などもあります。
できるだけ早く痩せたいという人は手術のできる医療期間での痩身がお勧めです。

 

どちらにしても、そこでしかうけることのできない施術やメリットがあります。
希望や身体への負担など、様々な面から考え、自分にあった痩身方法を選びましょう。